非日常を味わう

lgf01d201407192300

大学が多く集まっている場所なので、池袋は住む場所も多い地域である。
しかも、駅から離れた場所には一戸建ての立ち並ぶ住宅街もあることから、住むのにも便利な街である。
駅周辺はやはり若者が多く、騒がしいイメージがあるが、少し歩くと昔ながらの商店街もあり、住みやすい街である。

しかも、都会にありがちな高級住宅街ではなく、地下鉄駅周辺でも家賃が安い住宅が揃っており、庶民的な住宅街なのも特徴的である。
都会の喧騒と閑静な住宅街で静かな暮らしをする、といった、贅沢な暮らし方ができる。

贅沢な暮らし方とは、時には非日常を味わうことでもある。
風俗店で性的サービスを味わうことは、それだけでも非日常となるが、特殊な種類であればより非日常感は高まる。

特殊な風俗といえばSMがあるが、池袋ではSM店が複数ある。
複数あれば、次は違う店を試してみるなどの、バリエーションを変えマンネリ化を無くすこともできる。
SMには店舗系があるが、店舗系でははしごなどの設置物を使った攻めも期待できる。
派遣型であれば、日常を過ごす住宅の中で攻め・いじめられるといった体験ができるので、より背徳感が高まる。
駅前のSM店は、閑静な住宅街からも歩いて1~2キロなので、派遣も店舗もどちらも気軽に楽しめる。

文化の発祥地

sgf01a201407150700

演劇やマンガなど、池袋は新しい文化の発祥の土地としても歴史がある街である。
特に演劇は今も下北沢と並び、若い劇団が活動している地域である。
劇団の中には全国でも名の知られた劇団もあるので、全国からその公演を観るために多くの観光客が訪れている。

文化といえば、文化資産を所有する特別な層がその恩恵を享受しているというイメージがあるが、この土地はそうしたお固いイメージはない。
新しい文化を想像するために、多くの若い人が集まっており、このために池袋は青年の街とも呼ばれているのである。

池袋は、キャバクラの発祥の土地とも呼ばれているので、キャバクラが多く経営されている。
キャバクラで女性とのお喋りを楽しんだ後は、まだ長い夜を楽しむために派遣型の風俗を楽しんでみるのも一つの手段である。

派遣型の風俗は、大抵の店が朝方まで営業しているので、水商売の店が閉まった深夜12時以降でも依頼することができる。
しかも、ヘルスサービスが含まれているなら、十分に長い夜を楽しむことができるといえる。
基本的に、デリヘルの時間設定は60分以上90分前後である。
このため、夜の空いた時間も十分に埋まり、満足感も得られる。
若い人が集まる場所なだけに、激安なデリヘルもあるので、お財布事情に合わせて利用できる。